付け睫毛派とまつげエクステンション派のメリット・デメリット

あなたはどっち派?

*

睫毛メイクは自己満足

睫毛のお洒落で流行っているのは現在2種類あります。

1番目は、付け睫毛をつける人。

2番目は、まつげエクステンションを利用する人。

今回は睫毛メイクのメリット・デメリットとまつげエクステンションのメリットとデメリットについてお話しようと思います。

【睫毛メイクは自己満足】

鏡に向かってビューラーを器用に扱って睫毛を綺麗にカールさせる。

そして、マスカラを使って長く長くボリュームアップをするのです。

出来上がったら、合わせ鏡なんかで色々な角度で自分の様子を見て満足——うっとりしているナルシストです。

こういったメイクをするにしても、睫毛は何センチも長くなりません。

数ミリのことですから、よほど接近しない限りは気付かれることもありません。

折角時間をかけてメイクしても、これならばガッカリしてしまうのではないでしょうか?

女性ならば思い当たる節があると思います。

けれども女性としては一瞬の綺麗さが勝負だと思っているのです。

ふっと何気なく目を伏せたときの、睫毛がとてもセクシーに見えたり憂いがあったりするわけです。

そんな女の子の一瞬を女子は見逃しません。

「私だって……」とライバル心をメラメラと煮えたぎらすのです。

これが女性の本性なのです。

接近したときに「あっ、とっても睫毛が長くて綺麗」と思われたいのです。

クチに出さなくても相手がどう思っているのかは敏感に察知します。

女性はふとした仕草とかの色気のパワーをとっても意識しているんだと思います。

「宝塚歌劇団の女性のような睫毛になりたい」なんては実際に思っていないでしょう。

ですが、あの舞台映えする感じの睫毛に憧れをもっていることはあると思います。

まあ、もともとメイクは自己満足の世界なのですから。

そんな女性が睫毛メイクに夢中になるのも理解できます。

女子に注目されているのがきゃりーぱみゅぱみゅでお馴染みの「付け睫毛」と「まつげエクステンション」です。

いずれもマスカラではとても表現できっこないレベルの華やかさを演出してくれる優れものです。

アイメイクの「盛りアイテム」としては人気が断トツです。

けれども、興味はあってもなかなか踏み出していない女子も少なくありません。

「付け睫毛って本当にいいんでしょうか?」

「まつげエクステンションの付け心地はどうなんでしょうか?」

疑問を持っている人も多いような気がします。

そんな疑問を一挙に解決するために、それぞれのデメリットとメリットを比較検討してみました。

「付け睫毛」か「まつげエクステンション」か悩んでいる女性は、この記事が参考になるかもしれないし、余計に悩むかもしれません。

 

公開日: